26.February. 2024 02:23
MENU
  1. 白樺湖に住む
  2. 白樺湖で開業する
  3. MEMBER ONLY
STAY

SANU 白樺湖 1st / 2nd

SANU 2nd Home - 自然の中にあるもう一つの家
都心からアクセスしやすい美しい海、山、湖の近くにあるSANUオリジナルのキャビンに月額制で滞在できるセカンドホーム・サブスクリプション。

長野県北佐久郡立科町芦田八ケ野1580

地図を見る

車山からトレランして戻ってくると「ただいま」って思う。白樺湖は、行くというより、帰ってくる場所なんですよね。

本間貴裕さん&福島弦さん

SANUの拠点にする場所は「僕らが本当に第二の家にしたいと思うかどうか」という軸に重点をおいて考えていて、一番最初の拠点は、SANUのはじまりの場所。だから、その土地に嘘があってはいけない、と思っていましたね。

初めて白樺湖に行った日のことは、とても印象に残っています。SANUのメンバーにいい場所があると紹介されて来たのですが、標高の高さからくる、湿度の低い、軽やかな空気の冷たさがとても気持ちよくて。
ふたりで東京から車を走らせて、やっと白樺湖に着いて、遠かったなぁなんて思いながら車を駐めて外に出たら、向こうの方から若い男性が「こんにちは〜!」って手を振りながら、こっちに走ってきてくれたんです。それが八ヶ岳アドベンチャーツアーズの五大さんでした。
その瞬間、「ここはなんて気持ちの良い場所なんだ!」と感じたんですよね。そのあとで池の平ホテルの矢島さんにも出会って。こんなに良い自然がある場所に、こんなに気持ちの良い人たちがいるなら、ここにSANUを置くしかないなと思いました。
いわゆる別荘地って、もうすこし商業化されているところも多いですが、白樺湖の雰囲気は、経済性から少し離れていますよね。そんなところも魅力に感じました。

白樺湖は、スキー、カヌー、トレッキングと、楽しめるアクティビティも豊富。どのシーズンも好きだけど、好きな季節を強いて言うなら夏と冬ですね。僕(福島)の白樺湖での好きな過ごし方は、朝もやが切れかかる朝8時、9時ごろからの湖周ランニング。二周することもありますよ。標高が高い分、暑い時期でも空気がカラッとしていて、故郷の北海道を思い出します。
僕(本間)は冬が特に好きですね。車山が真っ白になる白銀の景色が一番好きです。暖房が効いている屋内に入ったとき、外気とのギャップを感じる瞬間もたまらないですね。心も体もゆるんで安心します。車山をトレッキングすることも好きなのですが、朝日ヶ丘で、虹鱒のコトコト煮と一緒にビールを飲む時間が大好きです。頑張らなくていい湖畔の過ごし方も、おすすめしたいです。

なだらかな車山のふもとに湖が広がる光景、車山から見下ろす白樺湖。車山と白樺湖が一緒になっている様子は、パワーがある風景だな、といつも思います。難なく一周できて、向こう岸で何がおこっているかもすぐわかる湖ってあまりないですよね。自分が立っている場所の全貌を認知できるって、安心感につながると思うんです。
車山からトレランして戻ってくると、「ただいま」って思う。白樺湖は、行く場所というより「帰ってくる場所」という感覚があるのですが、そのホーム感にもつながってるのかな。

オリジナルの家具が光る室内。

「白樺湖1st」は目の前に湖が広がる絶好のロケーション。

森の中に位置する「白樺湖2nd」。

SANU 2nd home

SANU <サヌ> は、⼈と⾃然が共⽣する社会の実現を⽬指すライフスタイルブランドです。 ⼈が⾃然と調和し、楽しく健康的にこの地球で暮らし続けるために必要なことを、新しい⽣活様式の提案を通じて⼈々に発信していきます。 真⾯⽬に、未来の⽣き⽅を考える。 明るく、私たちのライフスタイルを変えていく。

公式サイトへ

近所のこちらもおすすめ

ペンション湖風

皆さんに気軽に、そして、また利用してもらえるお宿を目指します。 美しい八ヶ岳などトレッキングするもよし、ビーナスラインをツーリングするもよし、坂ばかにとっておきの大門街道を攻めるもよし、カヌーで白樺湖畔に流れる風に直接触れるもよし、夜には満点の星空が降り注ぐ、そんなところにあ...

詳しく見る